2011年06月02日

★2011年5月★ グアムでプールを満喫

グアムに行ってまいりました。
「ファミリー向け」「ウォーターパークがついている」条件で探し、Onward Beach Resortにしました。

よって、中三日間、プール三昧。
5歳も2歳も、まあ、よく遊びました。

suberidai.jpg
ウォーターパークのキッズ・プールで滑り台を満喫。

jump0.jpg
ホテル側プールでジャンプを満喫。
jump1.jpg
2歳は最初だけ怖がっていましたが、一度一人で飛び込めたらやみつきになったようで、
ひたすらジャンプを繰り返していました。
3日目の午後、「お部屋で寝てる」と5歳が言うのに、「プール行くー」と2歳が言い、
私と長男がお部屋でごろごろ、夫と次男がプールでジャンプし続けた、というくらいに。

Nami.jpg
ウォーターパークには、結構でかい波が来る、波のプールがあったり、(大きい子はボディーボードができる)
流れるプールで浮き輪に乗って流されたり、
ウォータースラーダーが4個もあったりで、十分な内容でした。

これが宿泊者は無料だなんて、オンワード、いいんでないかい!?

ウォータースライダーは身長120cm以上で、残念ながら子供たちは滑れず。
私と夫が交代で一度ずつ滑ったのですが、
5歳児は「小学生になったら滑れるんだよ」といったらあっさり納得してくれたのに、
2歳児が「はるくんもやりたいぃぃぃぃ」と大号泣してた。
いや、君、絶対無理だから。。

ただ、2本のウォータースライダーは浮き輪に乗って滑るタイプで、
これは保護者が一緒ならいい、みたいに書いてあったので、
子供たちと一緒に滑りました。
5歳も2歳も大喜び。
で、「もう一回〜」とかいうのですが、私は疲れていたので、「3人で行ってきて〜」と。

最後に、2人用浮き輪に3人で滑ってきたのですが、
私の記憶が確かならば、着水時に、2歳が宙を飛びました。
それを助けに夫が飛び降りたため、5歳も水没しました。
ま、ライフジャケット着てるから絶対大丈夫な訳ですが、
監視していた屈強な現地のお兄さんが、5歳を救うために飛び込んでくれていました。
(2歳は夫が救った。)
あはは・・・。

kanban.jpg
べたな看板を楽しむ二人。

umi.jpg
一応、海でも遊べますが、遠浅で、ナマコと藻がひどく、あまり楽しめるとは思えませんでした。
近くに小さな島があり、カヌーで行けるので、一度だけ行き、魚にパンをあげて、帰ってきました。

予想よりは、楽しめた、と実感できた旅行でした。
何も予定なし、で挑んだのが良かったのかもしれません。
子供にぐずられても、「ま、いっか」で。

しかし、往復の飛行機と、帰りの車が大変だったことは、
言うまでもありませんが、忘れることとしよう。。
posted by ままう at 18:35| Comment(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

★2011年4月★ さくらとか誕生日とか

4月、毎年恒例のさくらまつりが規模縮小され、開催されました。
自粛という言葉ばかりが世の中にあふれていたので、縮小とはいえ開催されたのはとても嬉しかったです。
201104_corn.jpg
焼きトウモロコシにかぶりついて離れなかった食いしん坊。
まだ肌寒く桜も咲いてなかったけど、結局食べるのがメインだから問題なし。

201104_sakura2.jpg
1週間後に満開の桜。
桜吹雪だから傘をさすのだそうです。

201104_sakura.jpg
保育園で毎年年度始めに写真を撮っているのですが、二人とも走り回る今年はとても手ごわかった。。
桜と一緒に撮りたかったのですが、なんかもうこれで限界。

月末に誕生日が来てまた一つ歳をとってしまいました。
平日にお休みをもらって、夫とランチに。
ジョエル・ロブションとかいうえらいいいところに連れて行ってくれました。
えらいお金がかかったはずhですが、私たちはアルコールをあまり飲まないのできっと比較的安くあがっているはずです。
その後、シルクドソレイユのKOOZAへ。3か月くらい前に私がゲットしておいた最前列で。
とっても楽しい一日でした。
だからまた一年、頑張ろう。(といっても、もうGW入ってたわけだけど。)
posted by ままう at 20:53| Comment(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

★2011年3月★ 地震の影響されてみたり、されなかったり

3月の我が家です。

地震が起きました。会社で。
電車が止まって帰れませんでした。
実家にお迎えに行ってもらい、夫が4時間かけて歩きました。
子どもたちの対応ができたので、私は会社で待機し、電車が復旧したので深夜に帰りました。
停電で真っ暗な実家で、子どもたちは懐中電灯を持って大興奮。
「とりあえずお菓子でもなんでもあげて夫が着くまで持たせて」という言葉を受け、
祖母からあらゆるお菓子をもらえた子どもたちは大喜び、だったそうです。
暗闇が怖いはるくんが泣き叫んでるかと思ったから、良かった。

以降、食料品・雑貨が一部手に入らなくなったり、停電とか、色々ありますが、私は元気です。
あ、子どもは、もっと元気です。

砧公園でピクニック。地震二日後。
土曜のスイミングもお休みになっちゃったし、むしろいつもより遠くの公園に。
砧公園に地震の影はみられませんでした。
3月公園-2.jpg
3月公園-1.jpg

その一週間後。
原発が不安定だったり、3連休だったり、なので、またまたみちゃわさんご一家に便乗して広島へ。
パパは仕事だったので、なんと、ママ一人で子ども二人連れて旅ですよ。
3月新幹線.jpg
新幹線ラブのはるくん。本物を前にすると意外におとなしかった。大きすぎてびびったのかな。
3月広島.jpg
宮島へ向かうフェリー。
3月広島-2.jpg
もみじ饅頭が「で〜きて〜く♪で〜きて〜く♪」と大喜びでした。


わたくし、中学時代地学部でして、顧問の先生から「50年以内に絶対に関東大震災がやってくる」と言われていました。
それ以外に、東海地震もありますし、ずっと本当に地震は来ると思ってやってきたのです。
だから、備えは「ほぼ」完ぺきです。

会社のロッカーには、スニーカー、靴下、ポケット地図、マスク、(ナップザック入り)が入っています。
今回の地震を受け、これに、水、懐中電灯、栄養食品、が加わりました。

家には、持ち出し袋(私用、夫用)、別で、長期保存飲料水、非常時トイレ、があります。
また、玄関、寝室、リビング、に懐中電灯を配備してあります。

持ち出し袋の中身は半年ごとの地区の防災フェア(子どもたちが喜ぶので行く)でもらったリストを元にしております。
非常持ち出し品チェックリスト
本当に準備してあるんです。サバイバルブランケットも。ドライシャンプーも。
今欲しいのは停電対策としてランタンです。(当分手に入らなさそうだけど。)

日本に住むって言うのはそういうことなんだと思うのです。
地球に住んでいるのだから、そういうことなんだと思うのです。
家ごと倒れれば、役にもたたないかもしれないけれど。でも。
ただ、原発については、まったく知りませんでした。
また新たな備えについて考えなくては。

余震は一年ほど続くと言われていますから、長丁場でまいりましょう。
posted by ままう at 14:39| Comment(4) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

★2011年2月★ ママ出張と5歳と発表会

2月の我が家です。

ママが出張に行ってみました。
サンフランシスコに・・・・9日間・・・。
201102_ora.jpg
本社。
各国から集まったメンバーで、新しい製品を学び、ディスカッションし、最後にプレゼンするという、研修に無謀にも参加。
でも、英語がろくにしゃべれない時点で期待されてないので「がんばったね」と暖かく言葉をかけてもらって終了。

201102_sfo.jpg
サングラスをかけると、怪しげなアジア人になる私。
観光ガイド、ありがとう>あゆみん&Babyみ

出張に行けたのは、
ひとえに、のぐおが長期休暇を全て犠牲にしてくださったおかげ様でございます。
しかし、次の長期休暇にはのぐおは旅に出るつもりだそうなので、お互い様ってことで。

子供たちと離れるのは初めてですので色々心配されましたが、
パパもいるし、物が分かる4歳児には事前から絵や言葉で説明したし、
Skypeで毎晩(日本22時、西海岸朝5時・・・)話したこともあり
子供たちは全然余裕な感じでした。
帰国後に2歳児が数日ママべったりになったくらい。
また行きたいですが、とうぶん機会もないし、ま、ないかな。


2月は年度末として、保育園の発表会シーズンです。
201102_hal2.jpg
はるくん。(2歳半)
前例(たいくん)からして、抱っこじゃないか、とか、泣いちゃうんじゃないか、という諦めをもって行きましたが、
なかなかどうして、楽しんでいました。
ちゃんと自分の足で立ってたし、観衆にびっくりするクラスメートとは少し違い、
むしろ、照れて、後ろに下がっていったり、戻ってきたり、という、謎な動きを繰り返していました。
踊りも、一応、踊ってたし。

そして、たいくん。(5歳)
と、紹介したいところなのに、なんと、前日の夕方からヨウレンキンで熱を出し、欠席。
ガーーーーン・・・・。
本人より母がショックを受けており、未だに立ち直れていません。
予行演習時のビデオをお友達ママからもらおうとしています。
しくしく。

201102_bd.jpg
たいくん、5歳になりました。
もう5年。
4月から年長さんで、来年の4月には小学生!?
早い。
自分が小学生の母親になる、ということにも、動揺をかくせません。

相変わらず、毎日あわただしく過ごしています。
このあわただしさが解消されることはないですね、ずっと。
posted by ままう at 14:01| Comment(6) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

★2011年1月★ スキーデビューとイチゴ狩り

お正月明けだというのに、風邪の季節だというのに、
1月はアクティブに過ごしました。

まずはスキー・デビュー!
たいくん4歳ですし、そろそろスキー・デビューさせたいなぁ、と思いつつも、なにぶん、ワタクシ、10年ほど前にウィンタースポーツ引退宣言をした身。
どうも推進力がありません。
そこに、みわたん家スキーのお話を伺い、またまた我が家も便乗させていただき、行ってまいりました。

201101_ski1.jpg
がんばった。

ボーゲンで自分で滑る練習は予想通り怖がって拒否したため、終始パパに抱えられて滑る感じで。
しかし、面白いと感じてもらえればあとにつながりますから、それで十分です。

私ははるくん当番。
ちびっこゲレンデまで、そりと荷物と、そしてはるくん(14キロ)を抱えて雪山を登る登る。50mほど。
ふー。既に十分辛い。でも滑らなくては。

そりとはるくんを抱えてゲレンデを登り、そり1回目。
「もっかいー」と言うので、そり2回目。
「・・・・。」何も言わなくなったけど、そり3回目。
「抱っこー。」「あっちー。」(帰る。)

あああ、そり3回で、もう嫌になったらしい。
おやつ等でごまかすが、どうにもならず、結局午前中で退散しました。

雪が激しくなったので、午後はママ&子供たちは、宿で遊ぶ。
大して遊ぶものないから、おやつとDVDでごまかしつつ。
翌日も雪は降っていたが、パパと上の子はゲレンデへ。
ママと下の子は宿の前で雪遊び・・・が、はるくん絶賛雪拒否。宿で待機。

場所みしりする、不慣れなことが嫌い、
厚着が嫌い、行動をさえぎられるのが嫌い、なはるくんには雪山はきびしかったようでした。
目的はたいくんのスキー・デビューなので、めでたしめでたし、で。


続きまして、イチゴ狩りへ。修善寺一泊。
たいくんに「イチゴ狩りに行くよ。イチゴの木があって、好きなだけ食べられるんだよぉーー!」と言ったら、いきなり泣かれました。
「だって、木なんて、たいくん、届かないぃぃぃーー。」だそうです。
「だ、大丈夫。イチゴの木は低いから。届く届く。」と言ったら、
「そんなところ、あるわけない!!!」と今度は怒られました。
母、信頼度、ゼロ。

201101_ichigo2.jpg
ほんとだぁぁ。イチゴだぁ。うふふふふふ。。

201101_ichigo1.jpg
はーくんもー(泣)これーこれー(自分では取らない)

一日目の午前中で旅の目的を果たしたので、あとは宿でのんびり遊ぶ。
ラフォーレ修善寺。
子供遊び場、パターゴルフ、など、この日はお客さんが少ないらしく、全て無料で素敵でした。
広すぎるため移動がバス。
しかし、バスで移動ってところが、子供的に大ヒット。
最後に車に乗せようとしたら「バスー」と泣かれました。
バスは家には行きません。

最後に。
Tipnessのキッズスイミング、1月の検定で、たいくんがついにラッコに進級しました。
カニ、クラゲまではぽんぽん進級したのですが、けのびに苦戦すること半年以上。
前回の検定ではスイミング検定にも関わらず「コーチのお話をききましょう。」と書かれるし。。(コーチの話を真面目に聞いているところを全く見たことがない。)
まだまだあやしいけのびですが、やっとバタ足にうつれそうです。
早生まれなので、何かと人よりできない日々。
一つ自信をもってくれたら、と思い応援しています。
posted by ままう at 14:07| Comment(1) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

★2010年12月★ 2010年クリスマス♪

今年もやってまいりました。サンタさん。

二人とも仮面ライダーオーズに洗脳されているものですから
オーズてんこもり。

xmas_cake.jpg
「いやぁ、これはねぇ・・・」と思っていたキャラデコ。
しかし子どもが喜ぶと思うと、買ってしまいました。
(ケーキのど真ん中にオーズ乗ってます。)

xmas_gift.jpg
深夜のセッティング完了。
今年はツリーを(私が勝手に)購入したので、
プレゼントもツリーの下に。
クッキーのお皿とサンタからのお礼のお手紙も。

そして朝。
夫が3脚まで立ててビデオを撮って、長男大喜びの映像を記録。
意外に落ち着いて喜んでいて、あまり絵にならなかったけどね。

xmas_taiki.jpg
「うわーい、オーズドライバーだー。」

子どもの笑顔って本当に純粋な笑顔。
喜んでパパにみせびらかしに行ったついでにはるくんも起きまして。

xmas_haruki.jpg
トーマスのぐらぐらつり橋セット。
実はこれ、トミー勤務の夫友人からいただきました。ありがとう!
ぐらぐらのつり橋の上で、トーマスが引くミルク缶がガタガタと揺れるのです。
親としても結構楽しい。「おーーー。」って感じです。

すると「ピンポーン」と宅急便屋さんが来まして、
バンダイ勤務の夫友人から、なんと大量のキャラ物プレゼントが届きました。
わー、びっくり。ありがとうー!

xmas_taiki2.jpg
さっそくタカキリバのシャツを着て、「変身!」。

日曜は外にお出かけしたのですが、どうしてもベルトをしていく、と。
予想していた事態ではあります。
そしたら予想外なことに、道行くおじさんや子どもたちがベルトに反応してくれるのですね。
「お、かっこいいねー、ベルト。」とおじさん。
「ぐふふふ。」と嬉しくてたまらないといった様子で一通り変身を披露するたいくん。
「あ、オーズ!」と男の子。
彼の持つメダルを貸してくれて、たいくんのベルトに入れて、スキャン。
不思議ですねぇ。
ベルトを通して知らないお友達と交流会が始まるんですね。
たいくんはご満悦でした。

なお、この週末で一番おもしろかった発言は、
ベルトをはるくんに貸してあげようとしたたいくんからの報告。
「ママー、はるくん、デブだからベルトがはいらなーい!」
4歳長男より2歳次男の方がウエストが太いことが実証されました。
posted by ままう at 10:43| Comment(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

★2010年12月★ しかる、は難しい。

もうすぐクリスマス!
楽しい話題の前に、しんどかった12月の記録として。

昨年の12月は、新型インフルエンザ、ウイルス性胃腸炎、と
病気に苦しめられ、ろくに出勤できませんでした。
今年は奇跡的に!?今のところ保育園休んでいません。

しかし、ここ2カ月ほど(そして今も)は精神的に苦しみました。

原因は、たいくん(4歳)の反抗と暴力。
いつもはスイートな彼ですが、悪いことをして怒られると、
ガラッと形相や性格が入れ替わり、ダークに。
まるで二重人格のような入れ替わり様。

母は当初、驚きのあまり、
何が起こったのか分かりませんでした。

ダークたいくんの登場は大抵以下の流れで。

たいくんとはるくんでトラブル。

たいくんがはるくんをどつく。

母、怒る。

ダークたいくん登場。
何の迷いもなく、怒りを爆発させ持っていた刀で母を思いっきり殴る。
その他、落ちているおもちゃを母に投げつける、など。

以降、何を言っても聞き入れず、
謝るどころか、どんどん凶暴化。

母は思いました。
私のしつけがなってなかったのではないか。
甘やかして育てたから、親をなめている、ばかにしているのではないか。

だからがっつり怒りました。
こちらも涙ながらの真剣勝負です。
しかし、結果は、大きな、逆効果。
彼は一層態度を硬化させ、事態はただただ悪い方向へ。

夫とも話し合ったり、
保育園の先生と話し合ったり。
そしてひさしぶりにバイブルを読みなおしてみたり。



その第一ページを読み、また泣いてしまいました。

子どもに心配な症状が出るのは、
しつけがなされていないからでも、
わがままに育てられたからでもない

何度も読んだ本なのに、また忘れていました。
また子どもや自分を疑ってしまいました。
反省。

次の日の朝。
いつも寝起きの機嫌が悪いたいくん。
この日も起こした後、ぐずぐずしています。
仕方がないので放置して、はるくんを起こしに行こうとしたところ、
全身をばたばたさせて大暴れ。
これでははるくんが蹴られてしまいます。
ちょっといらっとして「なんで暴れるの!」と怒ろうとした時。
(「なぜ××するの!?」という怒り方はよくないと本で読んだのですが。)

「たいくんも・・・!!抱っこしてほしいのっ!!」

衝撃でした。
4歳で、身体も大きくなって、聞きわけも良くなってきたから、
うっかりしていたし、はるくんの面倒みるので忙しくて甘えてもいたけど、
やっぱり彼はもっと愛情がほしかったのですね。

それ以降、朝、はるくんを起こす前に、
たいくんケアをたっぷりしています。
会社に行く時間は更に遅くなっちゃったけど(もっと早起きしろという説もある)、
ある程度甘えると、たいくんは元気に起きてくれるようになりました。

怒ると凶暴化する件も、よくよく考えると、
私がはるくんをかわいく思う気持ちが強くなってから出てきた気がします。
どうやら、もうしばらく(いや、ずっと?)
兄:弟=6:4(7:3はさすがに可哀そうだから)くらいを
キープしなければいけないようです。

ちなみに、バイブルによると、子どもには叱って良いタイプと
叱るのに注意が必要なタイプがいます。

叱って良いのは、
・情緒安定タイプ
・おおらかタイプ
注意が必要なのは
・気が小さい子
・意地っ張りタイプ

たいくんは、ばりばりの、意地っ張りタイプ。
なぜなら、自分自身がそうだったからです。

というわけで、現在の対処方法は、

悪いことをした時は、
その瞬間にガツンと一回怒る。
その後は、冷静に、
彼の怒りを理解しつつ、落ち着いた調子で何が問題かを説明し、
話し合う感じで、
時間を置いたり、距離を置いたりし、
なんとか素直に「ごめんなさい」が言えるようにしていく。

です。

しかるのって難しい。

いやはや、子どもの頃の自分の短所で、
自分自身が、こんなに苦しまされるとは。。


公園にて。スイートたいくんです。
はるくんはここ数カ月でぐっと成長し、
所作がすっかり幼児っぽく(いたずらっ子)になりました。
kids_koen.jpg

仮面ライダーオーズ。(たいくん画伯)
ガタキリバコンボ・タトバコンボ・ラトラーターコンボ!
分かる人が見れば分かる。
細部まで記憶していることが良く分かります。
オーズに洗脳されているせいで、言動が一層凶暴化してるんですよねぇ。。
kids_ooos.jpg
posted by ままう at 17:54| Comment(8) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

★2010年11月★ また一段ステップアップ

ジュニアシートを買いました。



はるくん用です。
2年前に同じものをたいくん用として購入して使用していますので、
これで車の後部座席に同じジュニアシートが2台並びました。

この光景が、なんだかぐっときます。

生まれたてのベビーシート、乳児時代のチャイルドシート、ときて、
ついに二人ともジュニアシートになったんだなぁ・・・と。
もう二人とも「赤ちゃん」じゃなくて「こども」なんですね。
母もなんだか一段階段を上った気持ちです。

反抗と乱暴が楽しくて仕方ない4歳と、口を開けばイヤイヤの2歳なので、
なかなか平和な日が訪れませんが、着実に時間は進んでいっている模様。
このまま必死に毎日を過ごしていたら、
あっという間に、小学生、中学生、高校生、とかなんだろうな。


「写真撮るよー」と言ったら二人で、こう。
anpanman.jpg

「もう一回撮って!撮って!」というので構えたら、こう。
SN394534.jpg

んもー。
posted by ままう at 16:32| Comment(8) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

★2010年10月★ おいも掘り遠足延期お弁当

秋晴れの日が多いので、色々なイベントが秋に予定されているのだと思うのですが、今年は雨ばかりですね。
運動会が雨で延期になったため、お弁当を2回作りました。
そして今度はたいくんのおいも掘り遠足。
先週の予定が雨で延期。
今日の予定が雨でまたまた延期です。
延期でも給食を発注していないので、お弁当は必要。
みんなでいつものお部屋で食べるそうです。

というわけで先週に引き続き2回目のお弁当作り。
同じお弁当だとつまらないかな・・・。
前回手を抜きすぎたかな・・・と後ろめたい母は、今回気合を入れてしまいました。
有言実行。

オーズお弁当♪(というか、オーズおにぎり。)
ooos_obento.jpg
なんか完成度低いけど、これでも結構頑張ったんだよ。

最初はやっぱりタカキリバ、と思って作り始めたけど、
途中で頭だけだから、「タカ」だけなことに気付きました。(キリバ関係ない)
次はガタキリバで「クワガタ」か!?

自分はキャラ弁の世界には脚は踏み入れないと思っていたのですが
お弁当を食べて帰ってくる子供と言うのは思ったよりかわいく、
つい親ばか力発揮してしまったのでした。
もう元には戻れないというのに。

posted by ままう at 10:35| Comment(6) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

★2010年10月★ 初めての合同運動会!

先日、保育園の運動会が行われました。
去年までは、乳児と幼児で別々の日に開催されていたのですが今年からは合同。
ふにゃふにゃ赤ちゃんの0歳児から、来年は小学生となる5歳児までが一同に会しました。
会場も、保育園の園庭ではなく、公園を借りて広々と。なんか盛大!
先生たちもお揃いTシャツで気合十分な感じです。(←若い)

元々の運動会の日に雨が降ってしまい(三段弁当を作り終えた途端に電話が鳴った。。)、
夫が不在の予備日になってしまいました。(お弁当アゲイン。。)
一人で二人連れて乗り切るか!?とも思ったけど、どう考えてもしんどそうなので、急遽、実家の両親にヘルプを依頼。
たいくん(長男)対応時の、はるくん(次男)対応をお願いしました。
ああ、頼んで良かった・・・。
始まってみれば、はるくん、予想通りの抱っこ抱っこだし。
カメラ構えると、奪い取るし。
はるくん連れたままたいくんと親子競技出られないし。。
本当に助かりました。。

taiki_undokai1.jpg
4歳児は気合十分!

taiki_undokai3.jpg
4・5歳児合同、リレー!!
私の遺伝子のせいで、おそらく運動苦手なのですが、
思ったより目立って遅い感じではなかった!(くれぐれも早くはない。)
とにかく一生懸命走ってて感動。

4歳児のメインは、
バルーン(保育園幼稚園の定番。とても素敵で母ウルウル。)とダンス。
「バルーン、上手すぎて、ママ感動して泣いちゃったよー。」
「たいくんのダンスはキレが違うねー。」
「手の確度が完璧だね。」
と、親ばか祖父母ばか全開で大満足してました。

いいなぁ、、と思ったのは、
最後に退場した後、子供たちと担任の先生が「やったーー!!」って
歓声をあげて、ハイタッチしていて。
「このクラスで本当によかったなぁ。。」とじーんと来ました。

で、はるくん。
乳児組は親子で一緒に入場行進・・・ですが、絶賛拒否。
自分で歩かない、のは、もう分かり切っていたのですが、
抱っこしてても「やだー!いやー!こわいー!」と。。

入場、開会式、体操、、とずーーっと抱っこ。
続いて、乳児の徒競争。
徒競争だからっていうことで、地面に下ろそうとしたら・・・
「いっっやぁぁぁぁーーーー!!!」と大暴れ。
それでも降ろそうとしたら、なんと、怒って私の頭やら顔やらをバシバシ平手打ちしてきた。
い、いたいーーー。親にもぶたれたことないのにぃぃ。
心の中で泣きながら、唯一、抱っこして(私が)走る。

しかしこれは想定済み。というか、体験済み。
たいくんも、2歳までの運動会は全てこうでした。
なので、今年のはるくんの目標は「地面に足をつける」ですから。
先生にも友人にもそう言ってあったので、
「あははー、はるくん、本当に抱っこだー。」と微笑まれました。

しかしこの後、はるくんの親子競技にて奇跡が!!
トトロを題材とした競技で、さつき(親)とメイ(子)が冒険に行くもの。
嫌がるかぶりものを・・・かぶった!
taiki_undokai2.jpg
スタートは猫バス(先生制作。クオリティ非常に高い。)に親子で入って移動。
猫バスも、電車ごっこ的なところも、彼のツボらしく、
私が「猫バス、いいねぇ!(もりあげる)、猫バス、乗る!?」と聞くと
「うん!!」と。(おおっ、これは行けるか!?)
そして、気分を良くしたはるくんは、猫バスの後の平均台も、輪っかジャンプもこなし、
見事に「自分の足」でゴールインしたのでした。
トトロ、ありがとう!!
我が家の記録(3歳でようやく地に足がつく)を1年更新したよ!

めちゃめちゃ疲れたけど、めちゃめちゃ楽しかったです!

taiki_undokai4.jpg
応援用の旗。
トトロがはるくん作。人(元は帽子があったらしい)がたいくん作。
posted by ままう at 13:26| Comment(2) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

★2010年9月★ トーマスランドに行きました

4歳&2歳を連れて飛行機に乗る気がせず、
今年度の我が家の夏休みのバケーション(海外やら沖縄やら)はお休みでして、
7月の一泊那須旅行と、9月にもう一泊。
トーマスランドに行ってまいりました。

機関車トーマスのキャラを使ったゆる〜い乗り物が楽しめる、
電車好きな幼児にはぴったりの遊園地でございます。

母は「ヒルトン小田原リゾート&スパ」が良かったのですが
その日のお迎え時、たいくんがお友達におっしゃることには、
た:「たいくんねー、すごいところ、行くんだよー」
母:「えっ?ど、どこ??」
た:「トーマスランドに決まってるじゃんかよーー!」
ということで、いつの間にか勝手に決まってました。

thomas1.jpg
音楽と共にぐるぐる回る機関車たち。
はるくんはたいへんお気に召したようで、4回も乗りました。

thomas2.jpg
ぐるぐる回ったり上がったりするハロルド。
こちらは、確か2回。

thomas3.jpg
はるくんお気に入りの「ぱーちー(パーシー)」
thomas4.jpg
ボタンを押すと汽笛がなります。たしか。(暑くて記憶が曖昧)

thomas5.jpg
まあ、えらいこと、楽しかったようで、
日頃は1メートルも歩かず「抱っこー!」というはるくんが、走っておりました。

thomas6.jpg
仲良くおやつ。

11時頃入場して、平日だからさほど混んでなく、15時頃「親が」力尽きて終了〜。

・宿泊
隣にあるハイランドリゾート&スパに一泊。
夢のようなトーマスルームは2カ月待ちのため断念し、
新しいコンフォートルームという部屋に。
部屋は狭いがベッドは広く、マッサージチェアあり、なかなか良し。
隣接する温泉施設(?)に無料で入れます。(ただし、おむつ外れてない子はだめ)

・食事
魔の2歳児付きってこともあり、食事は最低限で。
道路沿いにありとあらゆるファミレスとコンビニがずらり。
ガストで夕食食べて、コンビニで朝食を買ってホテルに帰りました。
あ、バナナとお菓子とペットボトルお茶は、家から山ほど持参ね。

・ケチ、じゃなくて、節約家の覚書
子連れは絶叫系に乗らないので、フリーパスじゃなくて、キッズパスが良い。
キッズパスの最安値はメルマガ会員割引である。
ペットボトルが200円するので持参すべし。
機関車トーマス(乗り物)の出口がトーマスショップになっていて商売魂を感じる。
(もちろん、ダッシュですり抜ける。)

と、いうわけで、
幼児連れたゆるーい旅にはなかなか快適なところでございました。

翌日は、富士サファリパークはどうかと思っていたのですが、
たいくんが「やだー。もう一度ジェットコースター行くー。」とおっしゃり
(ジェットコースターとはハム太郎の自転車の乗り物を指している)
しかしながら、豪雨で断念し、
仕方なく二子玉川まで一気に帰ってきて、ピアレッテでごまかしました。

次の旅行はどっこかなー!?
posted by ままう at 15:19| Comment(10) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

★2010年8月★ 毎日かあさん中

ブログの存在を忘れるほどに、毎日かあさんを頑張っております。

東京タワーに行ったり、那須に行ったり、
保育園の夏祭りがあったり、色々してるです。

たいくん(長男)は、順調に、4歳ライフを満喫中。
色々なことが自分でできるようになってきました。

ひらがなが読めるようになって、少し書けるようになったり。
英語が話せるようになって「早く外国いこうよー」と言っています。
ちなみに話せるのは以下の通り。うん、もう十分だね。
Hello! Good Morning! Thank you! Good Job!
Orange Juice. Hamburger.
Sunny, Couldy, Rainy.

はるるん(次男)のお世話もしてくれたり、
しばしば、おもちゃ取り上げて母に注意されたり、
たまに、仕返しにトミカで殴られて泣いてたり。

兄弟喧嘩しつつも、いっちばん仲良し。

昨夜は弟が邪魔になり、
「もうはるくん、いらない!パパとママとたいくんだけならよかったのに!」と言ってましたが、
「そっかー。いなかったらよかったかー。
きっとはるくん、たいくんがいないとさびしいんだねー。
お隣が良かったんだねー。
だってはるくん、たいくんのことがいっちばん好きだもんねー」と言葉のシャワーを降り注いだところ、
「もー、ほんとに、たいくんのことが大好きなんだよー」とデレデレになってました。
かわいいやつ。

はるはる(次男)は、これまた順調に2歳児中。
(誕生日来週だが、もう十分2歳児。)
ちょっと気に入らないだけで、大泣きの大暴れ。
しかし、地団駄を踏むので見ているとちょっと面白い。
人間って本当に悔しいと地団駄を踏むのである。
しかも願いがかなわない度によって、
最初は「ダン、ダン」が「ダダダダダン!」に早くなるのであーる。これまたかわいいなぁ。

なんでかママ・ラブ、抱っこ・ラブに育ってしまい、
パパが抱っこしようとすると「いやーー!!」と泣く。
しかし既に13キロあるため、私の足と腰がやられてしまいました。
痛いよぉ。
パパ抱っこは嫌だが、電車命のため、
パパが「電車見に行く?」と言うと
にっこり笑って抱っこされに行きます。
パパ<ママ<電車、の優先度らしい。


たいくん2歳のころ、保育園でダダこねる子供を引きずるという、もうはちゃめちゃな対応をしていた私。
困り果てて、育児本読みまくる私。
3歳、4歳、と時を経て、徐々に子供対応スキルを蓄積。
たいくんのワガママ対応ができるようになってきた!

最近のヒットはこれ!

子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる

子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる

  • 作者: ハイム・G・ギノット
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2005/10/20
  • メディア: 単行本




この本に書かれていたことのいくつかは本当に有効でした。
たとえば、ありがちな子供が無理なことを言う。
「この大きい像のぬいぐるみ欲しいー!」
どう答えるか?
普通は「えー、だめだよ。さっきおもちゃ買ったじゃん」とか?

この本によると一番大切なのは、まず気持ちを受け止めること。
「そっかー。これ欲しいんだねー。」
一度分かってあげることでどうやら子供はぐっと落ち着くらしい。
それから断るのだが、それでも我慢できないのこと多し。
一つびっくりするくらい有効だったのが
「想像の中でかなえてあげる、もっと膨らませてあげる」ということ。

「全部欲しくなっちゃうよねー。あ、もしかして、全部買ったら、たいくんの動物園がおうちにできちゃうねー!!」なんて風に
子供も思いついてなかった素敵なことを夢見させてあげちゃう。

そしたら急に「ま、仕方ないよね。」なんて言ってくるのです。
びっくりだー。

この本を含めた数冊の本により、子供との(主に口がたつ長男との、だが)生活がぐっとラブリーなものになりました。
ついつい、言い争いになってしまう方にお勧めですー。

SN394479.jpg
スーパーマリオブラザーズ。
posted by ままう at 10:12| Comment(14) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

★2010年5月★ ディズニーランドに行きました

ご無沙汰しておりますが、なんとかやっております。
先日ディズニーランドに行きました。

わが子たちはまだまだ早いと思われ予定はしてなかったのですが、
お友達のみわたん家族が行くと聞いて、便乗!
便乗のくせに、車が苦手な子供対策として、前泊。

ホテルは
東京ベイ舞浜ホテル

ここはオススメです。
なぜなら、ベッドが最初からくっついてる。
これだけで子持ちにはメリット十分でしょう。
平日素泊まりで、大人2名で13800円くらいでした。

肝心の子供たちはですね・・・
まず、門をくぐる前までで十分に親を疲労困憊にしてくれました。

まだ市内をでないうちに、車でたいくんが叫ぶ。
「やっぱりおうちがいいーー!おうちで寝るーー!」

ホテルに到着し、たいくんが叫ぶ。
「ディズニーランドすごーーい!大きーい!まるーい!」
(なお、ここが一番の盛り上がりだった。)

車内でひと眠りしたはるくんが、ホテルで寝ない。1時半まで。

人混みが怖いはるくんが、泣き叫ぶ。入場ゲートで。

朝からずっとたいくんが要求する。
「モノレール、乗るー!!!」
(もちろんTDL外。結局最後に一周乗った。)



門をくぐってからも疲労困憊。

人混みが怖いはるくんが全抱っこ要求。基本ぐずり続ける。

アトラクションが怖いたいくんが、敵前逃亡しまくり。
並んでは拒否。並んでは拒否。
パパがゲットしたバズライトイヤーのFastPassも、直前逃亡。
しくしくしくしく。


「連れてかなけりゃいいじゃん。」?
いやいや、分かってるんですよ。
いいんですよ。親が行きたかったんだからさ。
しかし、親が行きたかったアトラクションは乗れませんでしたがね。

結局、たいくんが楽しんでたのは、
・空飛ぶロケット(?)みたいなの
・メリーゴーランド
・コーヒーカップ
・船の遊具
でした。

ああ・・・ディズニー関係ないし。

親としては完全なる不完全燃焼ですが、
さいごにみわたん一家のご厚意で、
私はモンスターズインクのアトラクションに乗らせていただきました。
楽しかった。うんうん。

というわけで、散々な結果ではあったのですが、
人の思い出って怖い。
写真で振り返ると、かなり満喫した感じになってます。

いや、いいのだ。
満喫したのだ。
満喫したに違いないのだ!

TDL_popcorn.jpg
お金で済むならいくらでも。
ということで購入した1500円のBox入りポップコーン。
ポップコーンポップコーンばっかり言ってた。

TDL_parade.jpg
パレードでは素晴らしい笑顔。
「ミッキー!」と叫んでいた。

TDL_mickey.jpg
ミッキー、ありがとう。

TDL_plute.jpg
そしてラッキーなことにプルートに会えました。
私はプルートが好きなのです。
微妙な存在が好きです。

子供が楽しむならやはり小学生になってからかな・・・と思いました。
でもまた行ってしまうんだろうか。
うーん。行ってしまいそうだ。。
posted by ままう at 13:57| Comment(10) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

★2010年3月&4月★ 大変慌しく。。

花粉&黄砂で再起不能に陥らされてたり、仕事に振り回されてたり、
そして今尚、アレルギー的症状で非常にしんどい日々を送っております。
そのせいか、3月、1枚も写真を撮ってないことに驚愕。
4月も終わりそうなのに、Blogネタもあまりなし。
うーん、、いかん。。

というわけで、3月の我が家の唯一の写真!
photo_wii1.jpg
4歳児はWiiFitPlus、WiiResortで遊ぶのです。
photo_wii2.jpg
寝てます・・・。

最近弟に「タイタ!」と呼ばれる我が家の4歳児。
もう弟は赤ちゃんっぽくないのに、いまだ赤ちゃん返り中?
いや、ただ甘えん坊なだけな気がしてきました。
手洗い、着替え等、「家では自分でやらない!」と言い切りました。
私の心に余裕があるときは猫かわいがりしてますが、
朝など、余裕が消えると、怒鳴りまくっています。
猫かわいがり時のあの至福の顔を見ると、
甘えるだけ甘えさせてあげたほうがいいんだろうなぁ、、と思います。

スイミングは順調に継続中。
ビート盤を持ってけのびやバタ足をするなど、
だいぶ水泳っぽくなって来ました。
ゴーグルが嬉しいらしく、余り時間はずっと水に潜って遊んでいます。

ひらがな勉強中。

あ、スクーターを買った!
1172763526.jpg
3〜5才用の安定感のある今すぐ乗れそうなタイプと、
6才〜の本格的な上記タイプがあり、迷ったけど、
バランス感覚を養って欲しい思いから、上記を購入。
今はまだ乗りこなせないけど、いつかきっとできるようになるでしょう。


弟1歳児は、
「小走り」が既に「走り」になり、(すごいスピードで突進してくる)
「ぱっぱー」「まま」「まんま」「たいた」と
家族を呼べるようになりました。
(が、その他の単語はまだ出てこない・・・)
見かけはかなりしっかりしてきてるのだけれど、
実はまだ夜中に泣くと哺乳瓶でミルクを飲んでいることはナイショです。

妻から「二人が仲良しな写真を撮ってきて」と依頼された夫の写真。
photo_futari.jpg
たいたははるるんが大好き。
でも自分の事の方が好きだから、しばしば意地悪しちゃう。
はるるんはたいたが大好き。
でもなぜか挨拶が平手打ち。(愛なのか?仕返しなのか?)

まあ、こちらの方が日常に近いかもしれない。
photo_futari2.jpg
弟、泣いてます。兄、すましてます。
posted by ままう at 02:16| Comment(8) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

★2010年2月★ クラゲがおんどりに。そして4歳。

たいくんがクラゲになりました!

昨年11月、たいくんはお友達のみわたんと一緒にTipness Kidsになりました。
(平たく言いますと、スイミングを始めたということです。)
入った時のクラスはカニ2級。
検定ノートに各クラスのレベルが書いてあるのですが、
カニはとってもほほえましい感じです。
・顔を水につけられる
・鼻からブクブク息を出せる
とか。

2か月に1回の検定試験が先日ありまして、
たいくんはいきなりクラゲ2級になったのデス!
飛び級だよ!すごいよ!

コーチからは
「クラゲの人数が減っちゃったので・・
みわたんと二人でクラゲに行ってきてください。」
というなんだかとっても人数調整的なコメントをいただきました。

理由はどうあれ、前に進むことはすばらしい。
もう腕につける「浮き」もつけていませんし、
お水にバッシャンバッシャン潜ってるし、
水泳らしい動き(けのびの練習)もちらほら。
結構大きなお兄さんたちに交じって、頑張っております。

カニの赤い帽子は4〜5回しか使ってなくてもったいなかったけど、
(クラスごとに帽子の色が違うのです。帽子525円なり。)
クラゲの検定試験をみると、
・うつぶせで水に浮く
・仰向けで水に浮く
など。
うーん、、黄色帽子は末永く使うようになりそうだ。

続きまして・・・
たいくんがおんどりになりました!
taiki_ondori.jpg
発表会のお芝居「ブレーメンの音楽隊」で。
相当おんどりがお気に入りらしく、それはそれは嬉しそうでした。
そして彼の中では合奏(鈴担当)とお芝居が重要だったらしく、
合唱は明らかにボーーーッとしていて笑えた。
お芝居の異常な真剣さ(出るタイミングとか)に自分の遺伝子を垣間見ました。もっと適当でもいいんだよ。

で、そうだった!
4歳になりました。
今年のケーキはシンケンブルー!
taiki_cake.jpg
水色ってあんまり美味しそうに見えないことが判明・・・。
誕生日はみんなにちやほやされて嬉しかったらしく、
次の日も次の次の日も「今日も誕生日!」というので
「もう終わったよ。次は来年。」と言ったら、号泣されました。
「たいくん、今日も誕生日が良かったーー!!」だそうです。
4歳らしい4歳になるのはもう少し先のようです。

はるくんは、相変わらずたくましいです。
上着のサイズが既にたいくんと同じです。
最近「小熊」と呼ばれています。
椅子から落ちたり、転んだときの「受身」が上手だと評判です。
歩いて登降園できるようになりました。
宇宙語を良く話すようになりました。

たいくんに似て(?)
発表会は苦手のようです。
haruki_hapyo.jpg
終始ママ抱っこ。
でも立派にお名前呼ばれたら手をあげられたし、
合奏(?)のマラカスも振ってました。十分十分。

「魔の2歳児ってのはそんなもんじゃないんだぜ。」と言わんばかりに
イヤイヤ時の暴れっぷりが激しくなってきました。
こりゃしばらくまた大変そうです。
しかしイヤイヤ以外のときはサクサク歩いてくれたり、
兄弟で遊んでくれたり、笑顔溢れるカワイイ小熊です。


★その他1
節分しました。
保育園では、鬼に教室の隅っこに追いつめられ、号泣したそうです。
そこまでやるんだ・・・。先生。。

★その他2
凧揚げしました。
みわたんと一緒に必要以上に走り続けたそうです。
昔ながらの外遊び、季節遊び、ってなんだか嬉しい。
(私は寒くてお留守番だけどー。)

posted by ままう at 12:52| Comment(6) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

★2010年1月★ 今年もよろしくお願いします

いやはや、今年はとんでもない幕開けでした。
12月28日にたった1日保育園に行っただけではるくんが嘔吐下痢をゲット。
29日の夜に嘔吐嘔吐嘔吐。
30日から下痢下痢。

たいくんや私に移っている可能性が高いため、
30日のパパの忘年会を欠席してもらう。
が、相当に、そうとーーーうに、飲み会に行きたかったパパと、
今にも吐き始めるかも知れない恐怖に怯えるママの間に温度差が発生。
年末年始だというのに不穏な空気漂う。

結局、無事31日を迎え、大丈夫だった・・・(ほっ)と思った矢先、
元旦未明にママが嘔吐嘔吐嘔吐。

世の中が、新年あけましておめでとうーー!とはしゃいでいる頃に
一人、嘔吐に苦しむなんて・・・。

なんか、2010年、不安です。

年も明けて、たいくんはもうすぐ4歳。
4歳!
4歳・・・ってもうちょっとしっかりしてる気がするのだけれど・・
いやいや、そんな事いったらいけませんね。

Tipnessのキッズスイミングをはじめました。
行く前は常に乗り気ではないのですが、
行ってしまうとめちゃめちゃ楽しそうに泳いでいます。
母、涙出そうなくらい、結構頑張れてる。
お水潜ったり、浮きつけて泳いだり。
立派立派。

1から100まで、結構数えられるようになってきましたが、
ひらがなは「の」以外はあやふやです。
ま、のんびりのんびりと。

はるくんは、嘔吐下痢ショックからか、甘えん坊の抱っこマンです。
ものすごいママ追い中。
前はもっと自立していたのになぁ。
言葉を話し始め、口癖が「イヤ」と「マンマ」です。
魔の2才児に向けて、順調に階段を登っている感じ。

二人それぞれ、どうしようもないくらい
手がつけられなかったりして、つい激怒しちゃうこともあるけど、
ママと仲良しの時は、めっちゃラブリー!

そんなわけで、今年も頑張ろうぞ。

haruki_soji2.jpg
今日は二人で掃除に励んでいました。

haruki_soji.jpg
にへ。
もう表情が赤ちゃんではありません。





posted by ままう at 00:29| Comment(10) | TrackBack(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

★2009年12月★ サンタが初めてやってきた

クリスマスでしたねー。
皆さんのところにはサンタさんはやってきましたか?

今年我が家には初めてサンタさんがやってきました。
なぜかというと、たいくんが今年初めて、
「クリスマスにサンタさんがプレゼントをくれる」
ということを認識できたからであります。
今までは、ただ「おもちゃが増えた。ケーキがおいしい。」ってだけでしたからね。

なので、ちゃんとプレゼントも選んでいただき、
サンタさんに手紙(絵)も書いていただきました。
「サンタさんがー、たいくんがいい子だからー、
忍忍セットをくれる、のー。」だそうです。

そう。我が家に今年のプレゼントは忍忍セットなのであります。
xmas.jpg
刀2本と手裏剣ね。
たいくんが西松屋で選びました。

当初はシンケンジャーのシンケンマル(刀。無駄に高い。)を
希望していたのですが、私が余計な誘導(安いもの)をしたら、
本当に、それがいい、と決めてしまいました。
なんとなく後ろめたいので、子供用はさみと数字お勉強ノートも
おまけでつけておきました。

左下の、わんわんの携帯電話は、はるくんへのプレゼントです。
いないいないばぁ、命だから。

ちなみに、上にあるブロックは、保育園のサンタさんからたいくんがもらったもの。
左下のボールは、保育園のサンタさんからはるくんがもらったもの。
昼間に保育園にサンタが来たんですよね・・・。
それでプレゼントくれちゃったんですよね・・・。
だからたいくんは「もうサンタさん来ないよ。保育園でプレゼントくれたもん。」と言っておりました。
みんな何と説明してるんだろうか。サンタの昼夜2回訪問を。
とりえあず、「2回も来てくれて良かったねー」とごまかしておきました。

party3.jpg
今年もみちゃわさん宅でクリスマス・パーティ♪
チキン・ラブ。タコス・ラブ。

party1.jpg
「あなた、早く並べてくださいな。」
「ああ、でもバランスが・・。」
(コメントはみわたんパパのパクリ。)

party2.jpg
うまし。
(前髪をどうしても切りすぎてしまいます。)

posted by ままう at 16:48| Comment(10) | TrackBack(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

★2009年12月★ インフル中のこどもたち

新型インフルエンザのせいで、約2週間も療養生活(保育園やお外遊びもいけず部屋にこもる)を余儀なくされたため、せっかくなので久しぶりに写真をいっぱい撮ってみました。

会社がお休みになってちょっぴり喜んでいたパパはダンボールハウス作りに着手。
保育園のたいくんのクラスに、先生が運動会の時に作ったお菓子の家があり、それを真似ることにしたそうです。

単なるダンボールでも十分楽しむ二人。
danbo0.jpg

できあがった(パパ曰く、かなり妥協した)ハウスで遊ぶはるくん。
danbo1.jpg
ご満悦。
danbo2.jpg

せっかく作ったハウスですが、なぜかたいくんが中で暴れまくり、
壁をけり、屋根を投げ飛ばし、、、(療養はどこへ?)
1時間でボロボロになりました。。
でもまだ一応部屋にあります。

あらゆるオモチャを遊び尽くし(散らかしつくし)、
よく分からないことになっている二人。
asobi0.jpg

パパが家にいて子供達を見てくれるってことで、ママは数日在宅勤務もしておりました。

ボクも働きますです。(実はサンシャイン牧場)
work0.jpg
飽きました。
work1.jpg

軽症だったことは幸せなことですが、
症状に関係なく、それぞれ1週間登園禁止だったものですから、
パワーがありあまっており、家に閉じ込めておくのは、ちょいと可哀想でした。
本当に、パパがいて助かったーー。

★おまけ
今日テレビに映っていたタイヤキを見ながら何気なく書いていた絵。
sakana0.jpg
いつの間にか絵がすっごく上手くなっていてびっくり。

posted by ままう at 01:22| Comment(6) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

★2009年11月★ インフルエンザがやってきた!?

ぎりぎり11月。昨日のこと。
朝、はるくんが37.5〜37.8度。
若干強引に保育園に預けて出社したら、即、お迎えコール。
保育園でもまた新型インフルエンザが流行ってきてるので
自宅で見てほしいとのこと。

そんなこと言われても、先週末からずっと微熱(37.5くらい)なんだから
いまさらインフルエンザって訳でもないじゃないねぇ。

と、のんびり構えていたら、
昼食後に昼寝したはるくんの熱が上がっていった。(38〜39度)

でもねぇ。徐々に上がって行ったんだからねぇ。

まだインフルエンザとは夢にも思わず、夕方小児科に行ったら
見事にA型陽性反応。
今A型だと、おおむね、新型らしい。

ありゃーー。
もしかすると先週末からの微熱も実はすでにインフルエンザだったかもしれない、とのこと。
ありゃー。

週末、家族旅行に連れて行って、
フツーに温泉やら温水プールに入れちゃいましたよ。
ずっとスプーンやら食器を共有してましたよ。

でも、はるくんのウイルスは毒性(?)が低いみたい。
タミフルのんだせいか、もう37度台だし。
本人は、熱が出る前も今も、元気いっぱい、ニコニコです。
他の家族も今のところ全く症状なし。

新型インフルエンザの予防接種争奪戦。副作用もちらほら。
戦って予防接種を受けるべきか迷ってたので、ある意味、これで解決?

ウイルスによって強弱が強いのだろうか。
これくらいであれば、普通の風邪や胃腸炎の方がよっぽどたちが悪い。

たいくんは健康なので登園しましたが、
25人クラスが5人しかいませんでした。
どうやらいろいろと大発生だね。こりゃ。
たいくんがウイルスを持ってくる日も近い気がします。

posted by ままう at 23:53| Comment(10) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

★2009年10月★ 運動会とかハロウィンとか・・

うっかりしてたら11月になってしまいました。
ブログ更新するまとまった時間がなかなか・・。

10月はイベント続きでした。

☆たいくん運動会

本人、夏祭りに続いて結構へっちゃらモード。
楽しげに入場行進〜徒競走〜踊りまでこなしてました。
足の速さとかでなく、頑張って走ってくれて母はうれしかった。
踊りにいたっては親にアピールしたくてたまらないらしく、
遠くに配置されてしまったのですが、一生懸命親の方を見て踊ってました。
かわいいやつ。
taiki_undo0.jpg
スーパーマイペース、たいくんらしい一面もしっかり。
縦割りの紅白で玉入れをした最後に、玉をダンボールに全て戻し、全員座ったほうが勝ち、というお片付け競争をしたときのこと。
5才児さんはさすがに賢く、
ある程度玉が回収できたら、座り始めていた。
たいくんは、よせばいいのに、いーーーっぱい玉を抱え込み、
ぽろぽろ落としながらマイペースにダンボールに入れに行き・・・
最終的に5才児さんに引きづられて連れ戻されてました。
そして負けた。
でも5才児さんはたいくんを責めていなかった。
3才児制御まで含めた競争と言われているのだろうか。
なかなか教育が行き届いている。

運動会関連で一番嬉しかったのは、練習をちょこっとのぞいたときのこと。
3歳児組さんが徒競走の練習をしているとき、
5歳児組さんが横で待機しておりました。
たいくんがスタートラインに並ぶと、5歳児組さんから
「たいちゃーーーん!!がんばれーーー!!!」の応援の嵐。
5歳児さんが先生に怒られるほどの声援を受けていた。
おお、人気者じゃん。たいくん。

5歳児さんは、世話焼きが大好きなんですな。
そしてたいくんは結構、世話焼かれるタイプなので、
どうやらお兄さんお姉さんたちに人気があるらしい。
そういうのは普通に嬉しいです。

☆はるくん運動会もどき

そして一週間後にはるくんの運動会もどき。
なにぶん、歩くこともおぼつきませんから、
徒競走もどきと親子競技だけでした。
haruki_undo0.jpg
(これは、はらぺこあおむしをテーマにした競技。あおむしが最後に蝶になったのです。)
残念ながら、ねむねむモードだったはるくんは歩いてくれず。。
ほとんど抱っこのぐずぐずモードでした。

でも母のショックはないもんね。
なぜなら、すでにたいくんの経験により、抗体ができているからです。
ま、あと2年は無理だね。
次男ってのはやっぱり得だね。

☆ハロウィン・パーティ♪

民営化により今年から保育園でハロウィン・パーティが開催されることになりました。
みちゃわさんにわざわざUSでコスチュームを買ってきてもらったというのに・・・・
我が家の「ジョージ」は・・・。
(たいくんはサルの着ぐるみ、はるくんはアヒルの着ぐるみ)

「めんどくさい。」

だそうです。
(本当に面倒なのではなく、抵抗があるらしく、それを面倒という言葉で表現してる。)
結局家では一度も着てくれませんでした。(ものすごい誘ったのに)
はるくんは家で着せたら大泣きされました。

ちなみに、保育園では二人とも着たそうです。
たいくんに至っては、汗だくではしゃぎまくり、クラスで最後まで着ていたそうです。
先生は本当にすごい。
保育園で撮影された写真をゲットしたら記念にアップロードしたいと思います・・・。しくしく。

来年こそ、着てくれますように。

posted by ままう at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。