2011年06月02日

★2011年5月★ グアムでプールを満喫

グアムに行ってまいりました。
「ファミリー向け」「ウォーターパークがついている」条件で探し、Onward Beach Resortにしました。

よって、中三日間、プール三昧。
5歳も2歳も、まあ、よく遊びました。

suberidai.jpg
ウォーターパークのキッズ・プールで滑り台を満喫。

jump0.jpg
ホテル側プールでジャンプを満喫。
jump1.jpg
2歳は最初だけ怖がっていましたが、一度一人で飛び込めたらやみつきになったようで、
ひたすらジャンプを繰り返していました。
3日目の午後、「お部屋で寝てる」と5歳が言うのに、「プール行くー」と2歳が言い、
私と長男がお部屋でごろごろ、夫と次男がプールでジャンプし続けた、というくらいに。

Nami.jpg
ウォーターパークには、結構でかい波が来る、波のプールがあったり、(大きい子はボディーボードができる)
流れるプールで浮き輪に乗って流されたり、
ウォータースラーダーが4個もあったりで、十分な内容でした。

これが宿泊者は無料だなんて、オンワード、いいんでないかい!?

ウォータースライダーは身長120cm以上で、残念ながら子供たちは滑れず。
私と夫が交代で一度ずつ滑ったのですが、
5歳児は「小学生になったら滑れるんだよ」といったらあっさり納得してくれたのに、
2歳児が「はるくんもやりたいぃぃぃぃ」と大号泣してた。
いや、君、絶対無理だから。。

ただ、2本のウォータースライダーは浮き輪に乗って滑るタイプで、
これは保護者が一緒ならいい、みたいに書いてあったので、
子供たちと一緒に滑りました。
5歳も2歳も大喜び。
で、「もう一回〜」とかいうのですが、私は疲れていたので、「3人で行ってきて〜」と。

最後に、2人用浮き輪に3人で滑ってきたのですが、
私の記憶が確かならば、着水時に、2歳が宙を飛びました。
それを助けに夫が飛び降りたため、5歳も水没しました。
ま、ライフジャケット着てるから絶対大丈夫な訳ですが、
監視していた屈強な現地のお兄さんが、5歳を救うために飛び込んでくれていました。
(2歳は夫が救った。)
あはは・・・。

kanban.jpg
べたな看板を楽しむ二人。

umi.jpg
一応、海でも遊べますが、遠浅で、ナマコと藻がひどく、あまり楽しめるとは思えませんでした。
近くに小さな島があり、カヌーで行けるので、一度だけ行き、魚にパンをあげて、帰ってきました。

予想よりは、楽しめた、と実感できた旅行でした。
何も予定なし、で挑んだのが良かったのかもしれません。
子供にぐずられても、「ま、いっか」で。

しかし、往復の飛行機と、帰りの車が大変だったことは、
言うまでもありませんが、忘れることとしよう。。
posted by ままう at 18:35| Comment(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

★2011年4月★ さくらとか誕生日とか

4月、毎年恒例のさくらまつりが規模縮小され、開催されました。
自粛という言葉ばかりが世の中にあふれていたので、縮小とはいえ開催されたのはとても嬉しかったです。
201104_corn.jpg
焼きトウモロコシにかぶりついて離れなかった食いしん坊。
まだ肌寒く桜も咲いてなかったけど、結局食べるのがメインだから問題なし。

201104_sakura2.jpg
1週間後に満開の桜。
桜吹雪だから傘をさすのだそうです。

201104_sakura.jpg
保育園で毎年年度始めに写真を撮っているのですが、二人とも走り回る今年はとても手ごわかった。。
桜と一緒に撮りたかったのですが、なんかもうこれで限界。

月末に誕生日が来てまた一つ歳をとってしまいました。
平日にお休みをもらって、夫とランチに。
ジョエル・ロブションとかいうえらいいいところに連れて行ってくれました。
えらいお金がかかったはずhですが、私たちはアルコールをあまり飲まないのできっと比較的安くあがっているはずです。
その後、シルクドソレイユのKOOZAへ。3か月くらい前に私がゲットしておいた最前列で。
とっても楽しい一日でした。
だからまた一年、頑張ろう。(といっても、もうGW入ってたわけだけど。)
posted by ままう at 20:53| Comment(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

No.12 ちょっと嬉しい子どもとおばちゃんのやり取り

今住んでいるマンションは築30年なので、お年寄りが多い。

昨夜、夕食を食べていたら「ピンポーン」と来訪者。
通常の来訪者(宅急便等)はマンション1階のドアホンからなので、この音で訪れる人はマンション居住者だ。

「ああ、ついに苦情かな・・・。」
心当たりは山ほどあるので、
(ちなみに、最近の一番大きな心当たりは、長男がトイレが間に合わなくて駐車場で立ちションしたことだ。)
ドキドキしながらドアをあけると、
そこには、時々会う、おばちゃん(年齢的にはおばあちゃん)が立っていた。

「お宅の鯉のぼりがあまりに綺麗だから、嬉しくなっちゃって。」と、
端午の節句にちなんだお菓子を買ったそうで、持って来てくれたのだ。

びっくり。そして、とても嬉しかった。

だって、うちの部屋の番号も名前も、知らないのだ。
きっと、ベランダの鯉のぼりを見て、場所を推測し、来てくれたのだ。
その時間にいるかもわからないのに。

子どもたちを呼んで、
「おばちゃんがお菓子をくれたよー!!」と言うと、
子どもたちは小躍りして喜んでいた。
目がキラキラしてるのは、100%お菓子のせいで、「食べていい?食べていい?」と目が語っている。

「ありがとうー!!」と二人が言った。
おばちゃんが、「いい子にするんだよー。」と言うと、
ものすごく大きな声で、「うん!!!」と二人で叫んで、
「わーーーーい」とお菓子を上にあげて、走り去って行った。

「うちはもう子どもが大きくなっちゃったからねぇ。」とおばちゃんは言ってた。
一通りお礼をして、部屋に戻ったら、
既に包みを開けて、二人でお菓子にかぶりついていた。

ああ、夕食の途中なのに、、と思ったけど、
元気にあいさつができたから、許してあげることにした。
お菓子はとっても美味しかった。

うちの鯉のぼりはベランダ用のとても小さなものだけれど、
でもやっぱり、とても綺麗だと私も思う。
posted by ままう at 10:41| Comment(15) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

★2011年3月★ 地震の影響されてみたり、されなかったり

3月の我が家です。

地震が起きました。会社で。
電車が止まって帰れませんでした。
実家にお迎えに行ってもらい、夫が4時間かけて歩きました。
子どもたちの対応ができたので、私は会社で待機し、電車が復旧したので深夜に帰りました。
停電で真っ暗な実家で、子どもたちは懐中電灯を持って大興奮。
「とりあえずお菓子でもなんでもあげて夫が着くまで持たせて」という言葉を受け、
祖母からあらゆるお菓子をもらえた子どもたちは大喜び、だったそうです。
暗闇が怖いはるくんが泣き叫んでるかと思ったから、良かった。

以降、食料品・雑貨が一部手に入らなくなったり、停電とか、色々ありますが、私は元気です。
あ、子どもは、もっと元気です。

砧公園でピクニック。地震二日後。
土曜のスイミングもお休みになっちゃったし、むしろいつもより遠くの公園に。
砧公園に地震の影はみられませんでした。
3月公園-2.jpg
3月公園-1.jpg

その一週間後。
原発が不安定だったり、3連休だったり、なので、またまたみちゃわさんご一家に便乗して広島へ。
パパは仕事だったので、なんと、ママ一人で子ども二人連れて旅ですよ。
3月新幹線.jpg
新幹線ラブのはるくん。本物を前にすると意外におとなしかった。大きすぎてびびったのかな。
3月広島.jpg
宮島へ向かうフェリー。
3月広島-2.jpg
もみじ饅頭が「で〜きて〜く♪で〜きて〜く♪」と大喜びでした。


わたくし、中学時代地学部でして、顧問の先生から「50年以内に絶対に関東大震災がやってくる」と言われていました。
それ以外に、東海地震もありますし、ずっと本当に地震は来ると思ってやってきたのです。
だから、備えは「ほぼ」完ぺきです。

会社のロッカーには、スニーカー、靴下、ポケット地図、マスク、(ナップザック入り)が入っています。
今回の地震を受け、これに、水、懐中電灯、栄養食品、が加わりました。

家には、持ち出し袋(私用、夫用)、別で、長期保存飲料水、非常時トイレ、があります。
また、玄関、寝室、リビング、に懐中電灯を配備してあります。

持ち出し袋の中身は半年ごとの地区の防災フェア(子どもたちが喜ぶので行く)でもらったリストを元にしております。
非常持ち出し品チェックリスト
本当に準備してあるんです。サバイバルブランケットも。ドライシャンプーも。
今欲しいのは停電対策としてランタンです。(当分手に入らなさそうだけど。)

日本に住むって言うのはそういうことなんだと思うのです。
地球に住んでいるのだから、そういうことなんだと思うのです。
家ごと倒れれば、役にもたたないかもしれないけれど。でも。
ただ、原発については、まったく知りませんでした。
また新たな備えについて考えなくては。

余震は一年ほど続くと言われていますから、長丁場でまいりましょう。
posted by ままう at 14:39| Comment(4) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

★2011年2月★ ママ出張と5歳と発表会

2月の我が家です。

ママが出張に行ってみました。
サンフランシスコに・・・・9日間・・・。
201102_ora.jpg
本社。
各国から集まったメンバーで、新しい製品を学び、ディスカッションし、最後にプレゼンするという、研修に無謀にも参加。
でも、英語がろくにしゃべれない時点で期待されてないので「がんばったね」と暖かく言葉をかけてもらって終了。

201102_sfo.jpg
サングラスをかけると、怪しげなアジア人になる私。
観光ガイド、ありがとう>あゆみん&Babyみ

出張に行けたのは、
ひとえに、のぐおが長期休暇を全て犠牲にしてくださったおかげ様でございます。
しかし、次の長期休暇にはのぐおは旅に出るつもりだそうなので、お互い様ってことで。

子供たちと離れるのは初めてですので色々心配されましたが、
パパもいるし、物が分かる4歳児には事前から絵や言葉で説明したし、
Skypeで毎晩(日本22時、西海岸朝5時・・・)話したこともあり
子供たちは全然余裕な感じでした。
帰国後に2歳児が数日ママべったりになったくらい。
また行きたいですが、とうぶん機会もないし、ま、ないかな。


2月は年度末として、保育園の発表会シーズンです。
201102_hal2.jpg
はるくん。(2歳半)
前例(たいくん)からして、抱っこじゃないか、とか、泣いちゃうんじゃないか、という諦めをもって行きましたが、
なかなかどうして、楽しんでいました。
ちゃんと自分の足で立ってたし、観衆にびっくりするクラスメートとは少し違い、
むしろ、照れて、後ろに下がっていったり、戻ってきたり、という、謎な動きを繰り返していました。
踊りも、一応、踊ってたし。

そして、たいくん。(5歳)
と、紹介したいところなのに、なんと、前日の夕方からヨウレンキンで熱を出し、欠席。
ガーーーーン・・・・。
本人より母がショックを受けており、未だに立ち直れていません。
予行演習時のビデオをお友達ママからもらおうとしています。
しくしく。

201102_bd.jpg
たいくん、5歳になりました。
もう5年。
4月から年長さんで、来年の4月には小学生!?
早い。
自分が小学生の母親になる、ということにも、動揺をかくせません。

相変わらず、毎日あわただしく過ごしています。
このあわただしさが解消されることはないですね、ずっと。
posted by ままう at 14:01| Comment(6) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

★2011年1月★ スキーデビューとイチゴ狩り

お正月明けだというのに、風邪の季節だというのに、
1月はアクティブに過ごしました。

まずはスキー・デビュー!
たいくん4歳ですし、そろそろスキー・デビューさせたいなぁ、と思いつつも、なにぶん、ワタクシ、10年ほど前にウィンタースポーツ引退宣言をした身。
どうも推進力がありません。
そこに、みわたん家スキーのお話を伺い、またまた我が家も便乗させていただき、行ってまいりました。

201101_ski1.jpg
がんばった。

ボーゲンで自分で滑る練習は予想通り怖がって拒否したため、終始パパに抱えられて滑る感じで。
しかし、面白いと感じてもらえればあとにつながりますから、それで十分です。

私ははるくん当番。
ちびっこゲレンデまで、そりと荷物と、そしてはるくん(14キロ)を抱えて雪山を登る登る。50mほど。
ふー。既に十分辛い。でも滑らなくては。

そりとはるくんを抱えてゲレンデを登り、そり1回目。
「もっかいー」と言うので、そり2回目。
「・・・・。」何も言わなくなったけど、そり3回目。
「抱っこー。」「あっちー。」(帰る。)

あああ、そり3回で、もう嫌になったらしい。
おやつ等でごまかすが、どうにもならず、結局午前中で退散しました。

雪が激しくなったので、午後はママ&子供たちは、宿で遊ぶ。
大して遊ぶものないから、おやつとDVDでごまかしつつ。
翌日も雪は降っていたが、パパと上の子はゲレンデへ。
ママと下の子は宿の前で雪遊び・・・が、はるくん絶賛雪拒否。宿で待機。

場所みしりする、不慣れなことが嫌い、
厚着が嫌い、行動をさえぎられるのが嫌い、なはるくんには雪山はきびしかったようでした。
目的はたいくんのスキー・デビューなので、めでたしめでたし、で。


続きまして、イチゴ狩りへ。修善寺一泊。
たいくんに「イチゴ狩りに行くよ。イチゴの木があって、好きなだけ食べられるんだよぉーー!」と言ったら、いきなり泣かれました。
「だって、木なんて、たいくん、届かないぃぃぃーー。」だそうです。
「だ、大丈夫。イチゴの木は低いから。届く届く。」と言ったら、
「そんなところ、あるわけない!!!」と今度は怒られました。
母、信頼度、ゼロ。

201101_ichigo2.jpg
ほんとだぁぁ。イチゴだぁ。うふふふふふ。。

201101_ichigo1.jpg
はーくんもー(泣)これーこれー(自分では取らない)

一日目の午前中で旅の目的を果たしたので、あとは宿でのんびり遊ぶ。
ラフォーレ修善寺。
子供遊び場、パターゴルフ、など、この日はお客さんが少ないらしく、全て無料で素敵でした。
広すぎるため移動がバス。
しかし、バスで移動ってところが、子供的に大ヒット。
最後に車に乗せようとしたら「バスー」と泣かれました。
バスは家には行きません。

最後に。
Tipnessのキッズスイミング、1月の検定で、たいくんがついにラッコに進級しました。
カニ、クラゲまではぽんぽん進級したのですが、けのびに苦戦すること半年以上。
前回の検定ではスイミング検定にも関わらず「コーチのお話をききましょう。」と書かれるし。。(コーチの話を真面目に聞いているところを全く見たことがない。)
まだまだあやしいけのびですが、やっとバタ足にうつれそうです。
早生まれなので、何かと人よりできない日々。
一つ自信をもってくれたら、と思い応援しています。
posted by ままう at 14:07| Comment(1) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

★2010年12月★ 2010年クリスマス♪

今年もやってまいりました。サンタさん。

二人とも仮面ライダーオーズに洗脳されているものですから
オーズてんこもり。

xmas_cake.jpg
「いやぁ、これはねぇ・・・」と思っていたキャラデコ。
しかし子どもが喜ぶと思うと、買ってしまいました。
(ケーキのど真ん中にオーズ乗ってます。)

xmas_gift.jpg
深夜のセッティング完了。
今年はツリーを(私が勝手に)購入したので、
プレゼントもツリーの下に。
クッキーのお皿とサンタからのお礼のお手紙も。

そして朝。
夫が3脚まで立ててビデオを撮って、長男大喜びの映像を記録。
意外に落ち着いて喜んでいて、あまり絵にならなかったけどね。

xmas_taiki.jpg
「うわーい、オーズドライバーだー。」

子どもの笑顔って本当に純粋な笑顔。
喜んでパパにみせびらかしに行ったついでにはるくんも起きまして。

xmas_haruki.jpg
トーマスのぐらぐらつり橋セット。
実はこれ、トミー勤務の夫友人からいただきました。ありがとう!
ぐらぐらのつり橋の上で、トーマスが引くミルク缶がガタガタと揺れるのです。
親としても結構楽しい。「おーーー。」って感じです。

すると「ピンポーン」と宅急便屋さんが来まして、
バンダイ勤務の夫友人から、なんと大量のキャラ物プレゼントが届きました。
わー、びっくり。ありがとうー!

xmas_taiki2.jpg
さっそくタカキリバのシャツを着て、「変身!」。

日曜は外にお出かけしたのですが、どうしてもベルトをしていく、と。
予想していた事態ではあります。
そしたら予想外なことに、道行くおじさんや子どもたちがベルトに反応してくれるのですね。
「お、かっこいいねー、ベルト。」とおじさん。
「ぐふふふ。」と嬉しくてたまらないといった様子で一通り変身を披露するたいくん。
「あ、オーズ!」と男の子。
彼の持つメダルを貸してくれて、たいくんのベルトに入れて、スキャン。
不思議ですねぇ。
ベルトを通して知らないお友達と交流会が始まるんですね。
たいくんはご満悦でした。

なお、この週末で一番おもしろかった発言は、
ベルトをはるくんに貸してあげようとしたたいくんからの報告。
「ママー、はるくん、デブだからベルトがはいらなーい!」
4歳長男より2歳次男の方がウエストが太いことが実証されました。
posted by ままう at 10:43| Comment(0) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

★2010年12月★ しかる、は難しい。

もうすぐクリスマス!
楽しい話題の前に、しんどかった12月の記録として。

昨年の12月は、新型インフルエンザ、ウイルス性胃腸炎、と
病気に苦しめられ、ろくに出勤できませんでした。
今年は奇跡的に!?今のところ保育園休んでいません。

しかし、ここ2カ月ほど(そして今も)は精神的に苦しみました。

原因は、たいくん(4歳)の反抗と暴力。
いつもはスイートな彼ですが、悪いことをして怒られると、
ガラッと形相や性格が入れ替わり、ダークに。
まるで二重人格のような入れ替わり様。

母は当初、驚きのあまり、
何が起こったのか分かりませんでした。

ダークたいくんの登場は大抵以下の流れで。

たいくんとはるくんでトラブル。

たいくんがはるくんをどつく。

母、怒る。

ダークたいくん登場。
何の迷いもなく、怒りを爆発させ持っていた刀で母を思いっきり殴る。
その他、落ちているおもちゃを母に投げつける、など。

以降、何を言っても聞き入れず、
謝るどころか、どんどん凶暴化。

母は思いました。
私のしつけがなってなかったのではないか。
甘やかして育てたから、親をなめている、ばかにしているのではないか。

だからがっつり怒りました。
こちらも涙ながらの真剣勝負です。
しかし、結果は、大きな、逆効果。
彼は一層態度を硬化させ、事態はただただ悪い方向へ。

夫とも話し合ったり、
保育園の先生と話し合ったり。
そしてひさしぶりにバイブルを読みなおしてみたり。



その第一ページを読み、また泣いてしまいました。

子どもに心配な症状が出るのは、
しつけがなされていないからでも、
わがままに育てられたからでもない

何度も読んだ本なのに、また忘れていました。
また子どもや自分を疑ってしまいました。
反省。

次の日の朝。
いつも寝起きの機嫌が悪いたいくん。
この日も起こした後、ぐずぐずしています。
仕方がないので放置して、はるくんを起こしに行こうとしたところ、
全身をばたばたさせて大暴れ。
これでははるくんが蹴られてしまいます。
ちょっといらっとして「なんで暴れるの!」と怒ろうとした時。
(「なぜ××するの!?」という怒り方はよくないと本で読んだのですが。)

「たいくんも・・・!!抱っこしてほしいのっ!!」

衝撃でした。
4歳で、身体も大きくなって、聞きわけも良くなってきたから、
うっかりしていたし、はるくんの面倒みるので忙しくて甘えてもいたけど、
やっぱり彼はもっと愛情がほしかったのですね。

それ以降、朝、はるくんを起こす前に、
たいくんケアをたっぷりしています。
会社に行く時間は更に遅くなっちゃったけど(もっと早起きしろという説もある)、
ある程度甘えると、たいくんは元気に起きてくれるようになりました。

怒ると凶暴化する件も、よくよく考えると、
私がはるくんをかわいく思う気持ちが強くなってから出てきた気がします。
どうやら、もうしばらく(いや、ずっと?)
兄:弟=6:4(7:3はさすがに可哀そうだから)くらいを
キープしなければいけないようです。

ちなみに、バイブルによると、子どもには叱って良いタイプと
叱るのに注意が必要なタイプがいます。

叱って良いのは、
・情緒安定タイプ
・おおらかタイプ
注意が必要なのは
・気が小さい子
・意地っ張りタイプ

たいくんは、ばりばりの、意地っ張りタイプ。
なぜなら、自分自身がそうだったからです。

というわけで、現在の対処方法は、

悪いことをした時は、
その瞬間にガツンと一回怒る。
その後は、冷静に、
彼の怒りを理解しつつ、落ち着いた調子で何が問題かを説明し、
話し合う感じで、
時間を置いたり、距離を置いたりし、
なんとか素直に「ごめんなさい」が言えるようにしていく。

です。

しかるのって難しい。

いやはや、子どもの頃の自分の短所で、
自分自身が、こんなに苦しまされるとは。。


公園にて。スイートたいくんです。
はるくんはここ数カ月でぐっと成長し、
所作がすっかり幼児っぽく(いたずらっ子)になりました。
kids_koen.jpg

仮面ライダーオーズ。(たいくん画伯)
ガタキリバコンボ・タトバコンボ・ラトラーターコンボ!
分かる人が見れば分かる。
細部まで記憶していることが良く分かります。
オーズに洗脳されているせいで、言動が一層凶暴化してるんですよねぇ。。
kids_ooos.jpg
posted by ままう at 17:54| Comment(8) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

No.11 うちから徒歩5分。日本一の天ぷらで忘年会

今年も一年頑張りました。
頑張ったよ、わたし。そして、わたしたち。

一年間のご褒美として、かねてより気になっていた、
日本一の天ぷらを食べてまいりました。

その場所、なんと、我が家から徒歩5分。

日本一の出所→食べログ 天ぷらランキング
その名は、美かさ

写真や詳細な美味しさ表現は、食べログをご覧ください・・・。(文章力なし。)

正直、きちんとしたお店で天ぷらを食べたことがないので、
日本一かどうかはコメントできません。
しかし、もちろん、美味しかったですし、お店にも好感を抱きました。

強靭な胃袋と財布、そして子守りしてくれる人をもっていれば、
何度も行きたいお店ではあります。

記憶の限り書き出しますと、

お刺身、
銀杏、ユリ根、海老足、くわい(と思ったけどむかご?なの?)
海老、
アスパラ、
しいたけ、
きす、
れんこん!、
ハゼ、
イカ、
牡蠣、
白子、
いちぢく!、
穴子、
天茶、
渋皮栗&塩漬け紅葉!

短い時間でカリッと揚げて、中はレア。
塩、天つゆ、すだち。一番おいしい食べ方を指定してくれます。

おやじさんは、見かけ恐そうだったけど、まさに「職人」。
ものすごい「さばき」をみせてくださいました。
ハゼも穴子も生きてるのをその場でさばいて、揚げて、目の前に出てくる。
おいしいですよね、やっぱり。

天ぷらって、過度の味付けがないから、
素材、と、調理、の微妙なさじ加減で、決まるんですね。
日本料理って感じです!

こんなお店に行けるようになるなんて、
大人になったんだなー、といい年して思いました。
posted by ままう at 11:47| Comment(4) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

★2010年11月★ また一段ステップアップ

ジュニアシートを買いました。



はるくん用です。
2年前に同じものをたいくん用として購入して使用していますので、
これで車の後部座席に同じジュニアシートが2台並びました。

この光景が、なんだかぐっときます。

生まれたてのベビーシート、乳児時代のチャイルドシート、ときて、
ついに二人ともジュニアシートになったんだなぁ・・・と。
もう二人とも「赤ちゃん」じゃなくて「こども」なんですね。
母もなんだか一段階段を上った気持ちです。

反抗と乱暴が楽しくて仕方ない4歳と、口を開けばイヤイヤの2歳なので、
なかなか平和な日が訪れませんが、着実に時間は進んでいっている模様。
このまま必死に毎日を過ごしていたら、
あっという間に、小学生、中学生、高校生、とかなんだろうな。


「写真撮るよー」と言ったら二人で、こう。
anpanman.jpg

「もう一回撮って!撮って!」というので構えたら、こう。
SN394534.jpg

んもー。
posted by ままう at 16:32| Comment(8) | ままうの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。